« さみしい気持ち。 | トップページ | いまごろ秋葉原連続殺傷事件について。 »

2008年1月23日 (水)

やはり赤木智弘氏はおもしろい。

ライブドアの眼光紙背で連載中の、赤木智弘氏が面白い。コメントが最も多いのは、良くも悪くも興味を引く話題を提供していることの証だと思う。

確かに、コメントは賛否両論。実質的なデビュー作「希望は戦争」でもそうだったけど、他人が口を差し挟みたくなるものを、彼の書く文章が持っているのだと思う。「赤木智弘はシンデレラボーイだ」というのを、どこかで読んだ記憶があるけれど、才能があっただけの事じゃないでしょうか。

ネットラジオで赤木氏が話しているのを聞いたことがあるが、なんだか親しみやすくニコニコした感じの、聞き取りやすい口調で話していました。

でも、文章は結構邪悪です。他人の反応を見透かした上で、敢えてハズして書いているような、そして上手く釣れたなと、その裏でニヤニヤしているような悪意。いや、もっと深い、不遇時代の怨嗟とか。露悪嗜好混じりのコンプレックスとか。ちょっと投げやりで投げっぱなしな感じとか。そんなことまで勘ぐってしまいます。

ちょっと思い出したけど、「社会派君がゆく!」も、世間のマイナスな側面に寄り添うような感じで、実は社会の良識揺さぶりをかけて世間の見方を変えるような時がありました。でも、今や凶悪犯罪は日常茶飯事。実際、私が住んでる田舎でも夜間の外出は危ない。なんたって馬鹿で貧乏な奴らがウロウロしているから。それも自動車で。

とても、興味本位で犯罪物を読むなんて次元じゃなく、犯罪から身を守る実際的な知識が必要となっている時代じゃないのかな。私も、夜間、パチンコ屋の周辺は避けている。急発進する自動車。急な右折左折。突如の停止。道の真ん中で周囲に注意も払わず話しながらふらふらふらふら。何度ぶつかりそうになったことか。そんな連中相手に事故でも起こしたら、後でどんなトラブルに巻き込まれる事やら。くわばらくわばら。

犯罪は遠くから眺めるような時代じゃなく、いつ自分も巻き込まれるか分からないものに変質してしまって、危ない国になったものです。実際私も、アル中の貧乏人に突然絡まれて、危うく大けがを負うところでした。とにかく意識してその手の人間には近づかないようにしないと危険です。彼らは失う物持ってないし、逆に犯罪犯して刑務所に入ったら、只飯くえるし病気の治療までしてくれると本気で思っているのがゴロゴロです。

貧乏人や低学歴者には出来るだけ関わらないようにして、なおかつ彼らに注意すら払おうとしない。ある意味社会的から排除されてるような連中に冷淡な時代。赤木氏は、フリーターであり有名大学にも行ってないことを明言して、批評家としてデビューしました。いかほどのプレッシャーが、外から内からかかることやら。そんな中で本も出版して、連載も持っているなんて、はっきり言って大したモンである。としかいえません。

赤木氏は、これからどうなるのだろうか。評論本が百万部売れるとは思えないし、そういった金銭的な成功は望めないかもしれないなんて、お前に言われたかない余計なお世話だ。でしょうけど。まあ、今のいい案配の邪悪さを維持して、引き続き楽しませてほしいもんです。といった感じでいかにも傍観者的な言説。自分でも何だか偉そうで、感じ悪い。とにかく赤木氏には今後も活躍を期待します。

« さみしい気持ち。 | トップページ | いまごろ秋葉原連続殺傷事件について。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはり赤木智弘氏はおもしろい。:

« さみしい気持ち。 | トップページ | いまごろ秋葉原連続殺傷事件について。 »