« 金が金を生む? | トップページ | 地方の活性化。 »

2008年1月14日 (月)

テレビ関係のおっさん連中。

テレビドラマに出てくるおっさんの登場人物は、なぜあんなアホなにだろうか? どのような意図を持って人物造形をしているのか。

コメンテーターのおっさんは、聞いた端からすぐに忘れてもぜんぜんOKな、ありふれていて言い回しに芸も工夫もないことを、なぜあんなに早口でしゃべるのだろうか。実は聞いてほしくないから恥ずかしくて倍速四倍速で話しているのだろうか。

ドラマのなかでは、どの親父連中も仕事第一である。職人親父は、良い物を採算度外視で家族を犠牲にして作ろうとする。サラリーマンは、家族の存在など眼中にないかのごとく過労死まっしぐらの働きを見せる。

現実では、こんなことあり得ないだろう。そんな親父は、かなりの確率で離婚されてしまい、その後は生活力が無いため、家中ゴミまみれになり、病気で早死がいいところじゃないのでしょうか。

テレビ局は視聴者を馬鹿にしているのだろうか。それとも、今時テレビなんか見ている連中は、低所得、低学歴のアホばかりだから、それに合わせて、ファンタジーともいえる、あり得ない男尊女卑家長主義恋愛至上思想を垂れ流しているのだろうか。

はたまた、テレビなんてせいぜいこんな程度です、私たちもこんな番組作りたくないんですよ。分かってちょうだい。すいませんねえ。なんて感じで、自嘲気味に、かつ腰に手を置き冷笑を浮かべながら、こんな番組作るのはまだしも、その上CMでパチンコならびに消費者金融賛美を流している。貧乏人を見下しながら。そして、憂さ晴らしのため、たまに正義を振りかざし、非力でスポンサーにもなれないような小さな食品会社などを賞味期限偽装という、実際たいした被害者などいないのに、そんなつまらんことでいじめるのだ。

あんまり危機感あおっていると、消費者庁なんてのが出来て、役人連中が増殖してしまうぞ。つまらん手続きが増えて、経済活動に支障をきたすんじゃないかと。まあいいけどね。どうでも。

でもでも、テレビに関わる連中は、役者、コメンテーター、芸人、テレビマン、などなど。皆が皆、高所得なんだよな。

ああ、また、ここにもありました。マスコミもそうでした。日本のお家芸である、国が規制を設けて、天下り先を確保して、その業界を保護して、ほとんど奴隷のような貧乏人から金を少しずつ巻き上げて一握りの人間が小金を得るという、パチンコや消費者金融や宝くじなどと同じ構造が見受けられるではないか。

てなこと考えながら、私はテレビを見るのです。踊るあほうで見るアホウです。まんまとテレビにはめられているのです。

そしてこれまでの戯言は、私の偏見に基づくテレビ像です。テレビに携わる人は、本当は、誰も彼も使命感にあふれ、少しでも良い番組を作ろうと血尿を垂れ流しながらがんばっているのでしょう。

これからもテレビある限り、質の高い番組提供お願いいたします。

« 金が金を生む? | トップページ | 地方の活性化。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレビ関係のおっさん連中。:

« 金が金を生む? | トップページ | 地方の活性化。 »